「言葉が世界をつくる」。最近よく耳にする言葉です。これが社会構成主義の特徴的な考え方といえます。

人は自分自身が持つ認識の枠組みや知識の中で、自分を取り囲む世界を理解し、自分なりの意味を持ち、それによって自分の世界を構成するというものです。従って、その人が発する言葉=認識であり、言葉が世界を構成していくという考えは、ここからきています。

個人の発する言葉は、その周辺、社会に影響を与えるものと言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です